投資をする理由

NO IMAGE

どうして人は投資をしようとするのか、といえば色々と自分自身の理想を追い求めるというような側面があるというのは否めないです。

要するにライフプラン、というのがあり、それを目指すためになんだかんだでお金が必要なので稼いでいる分以上に投資をすることによってお金を増やしていきたいと考えるわけです。

金利がそれなりの時代であった時には貯蓄だけでも十分だったこともありましたが、どうしても今は低金利なので銀行とかその他金融機関なのにお金を預けておくということは安全性以上のメリットがほとんど存在しないと言っても過言ではない状況です。
ですから、しっかりと自分で投資をしておくことによって、自分の求めるライフプランというのを実現するということができるようになるわけです。

しかし、大事な貯蓄いくらか投資に回して増やしていくことで自分のライフプランを完成させたり、目標を達成させようとするわけですが、リスクも考えておくようにしましょう。
投資リスクとは、期待した利益が得られないリスクってあり、投資というのは確実ではないという点を理解しておきましょう。

確実ではないので期待しているリターンの結果というのに対してブレが起きることがあります。逆に期待以上になるという可能性もあるので常にマイナスのリスクしかないのかと言うとそうでもないです。

リスクにも色々と種類があって、価格変動リスクとか流動性リスクとか信用リスクなどがあります。様々なリスクがある上で、それでもなお、行う、という計画を立てることは決して悪いことではないです。

投資にはリスクがないもの、というのがほぼないです。日本国債などは日本人にとっては基本的にインフレのリスクくらいはありますが、破綻する可能性というのはほぼないのでリスクが低いとはいえますが、それでもノーリスクではないです。

どんなことを理由に、どんなところまで目指して投資をするのか、ということをまずは自己分析、認識してみるようにしましょう。

大事なお金を投入するわけですから、決して適当にやってよいことではないです。大事になってくることは間違いなく、リスクを管理して、極端なことをいうと失っても良い金額をすることです。しかし、投資をする理由がかなり高いハードルを目標にしていることであればリスクをあえて負うこともよいでしょう。

そうした投資のリスクに関すること、選択肢に関することに自由があるのが魅力といえます。