投資競馬の初心者でも賢く馬券を買えば儲かる

NO IMAGE

競馬を株などの投資と同じように考えて馬券を買いたいならば工夫が必要です。
投資競馬はレースによって適当に予想方法を変えるような買い方ではなく決まった手法を使って馬券を買い続けることで利益を出そうとする馬券購入方法です。
例えば、馬のデータを使ってパソコンで指数を作り出して予想する投資競馬は有名です。

予想を自分で考えてハラハラするような感覚を楽しむことが競馬の醍醐味と考えている人は損をしやすいです。
本当に競馬を投資にしたいのならばソフトに予想をさせて儲かりやすい馬券を購入することがベストです。

競馬ソフトを購入するためのコストはある程度必要ですが、リターンが大きいので大丈夫です。
もし自分の考えた予想で投資競馬をしたいのならば、まずは馬券の種類の選び方を考える必要があります。複勝は的中しやすいことがメリットですが配当が少ないのがデメリットです。実力の高い馬の複勝は人気になりやすいのですが、必ず好走するわけではないので人気馬の複勝に大金を賭けることはリスクがあります。

投資競馬をする気持ちがあるならば当てやすくて配当が低すぎる馬券ではなくある程度配当が高い馬券を狙った方が効率がよいです。
やはり少ない配当の馬券ばかりを買い続けていると資金は増えないです。
ただ、高配当だけれど的中率が低すぎる馬券はいつまでたっても的中できないことがあるので注意が必要です。

的中率が低すぎる大穴の馬券ではなくて、ある程度の的中率の高さがあるけれどそれなりの配当になる馬券を買うことが投資競馬で成功する秘訣です。初心者は中穴の馬券を選んで購入すると失敗しにくいです。

三連複と三連単などの複数の馬券の種類を同時に買って利益を出すようにすれば収支が安定しやすいです。しかし、三連単をフォーメーションで買うためには必要な資金が増えることを覚悟するべきです。
単複のように複勝を抑え馬券にした買い方をする人がいます。単勝が外れても複勝が的中すればプラスになることがあるので人気がある買い方です。

しかし、複勝は配当が低いのがデメリットなので長期的には損をする可能性がある買い方です。
ある程度の高配当の馬券ばかりを買うことが投資競馬のセオリーということを頭に入れて予想を組み立てることが重要です。

投資競馬の初心者におすすめできない買い方は配当妙味が少ない馬券に大きく賭けることです。もしどうしても大儲けを望むならば宝くじ感覚で高配当の馬券を少額だけ買うのは悪くはない作戦です。